News新着情報

平成28年度診療報酬改定セミナー 現場レポート

セミナーレポート2016.04.21

日時:平成28年3月27日(日)

場所:電気ビル 共創館カンファレンス 3階

セミナー内容 講師 参加者数
病院向け改定セミナー ASK梓診療報酬研究所 中林 梓 先生 159名
精神科向け改定セミナー 当研究所 副所長 酒井 麻由美 37名
診療所向け改定セミナー 当研究所 専門研究員 泉 久朗 30名

合計:226名

今年度も無事に改定セミナーを終えることができました。ありがとうございました。迫る2018年度の診療・介護両報酬改定、そして、2025年問題と先を見据えた上で、今年度の改定への対応を行っていかなければならないと、皆さまから真剣さが伝わってきたセミナーでもありました。 簡単ではございますが、当日の様子をご紹介いたします。

精神科向けセミナー

午前中に行いました精神科のセミナーでは、当研究所副所長の酒井麻由美が一般病院での動向や精神疾患に関する医療計画、そして、今後、求められるであろう精神科病院の役割を解説。また、今年度新設された地域移行機能強化病棟入院料から国が求めているのは何か。事例を踏まえながら具体的にこれから取り組むべき事項をお伝えしました。

診療所向けセミナー

かかりつけ機能の強化がより鮮明となった診療所の役割。信頼されるかかりつけ医となるためには何を取り組むべきか、また、一つずつの加算項目を丁寧に説明しながら算定のコツをお伝えしました。

病院向けセミナー

いつも、パワフルかつ情熱あふれる解説でファンの多い中林先生。当日も4時間という長丁場にもかかわらず、最後までその迫力は衰えませんでした。セミナーでは、冒頭に「今回の改定はコンティニュ、続く改定」と表現されました。そうです、2018年度の両報酬改定に向けた「続く改定」ということです。また、改定を乗り切る対応策として、4つのお願いを掲げられ説明がスタート。冒頭のお願いが改定の説明が進むたびに「必ずしなければならない4項目」に変って行きました。参加者からも口々に「参考になった」、「早速、病院に帰って4項目の強化に乗り出します」といった声が聞かれました。

今回、お申し込みが殺到し、情報会員様には人数の調整、また、中には参加者多数に付きお断りをいたしましたところもございます。改めてお詫び申し上げます。なお、参加者様からのご質問はいつものようにメール、FAXで受け付けておりますので、遠慮なくご質問くださいませ。今回も多数のご参加、本当にありがとうございました。

株式会社 ヘルスケア経営研究所 原田有理

精神科向けセミナー

精神科向けセミナー

診療所向けセミナー

診療所向けセミナー

病院向けセミナー

病院向けセミナー

病院向けセミナー2

病院向けセミナー2