News新着情報

2018年診療報酬改定 疑義解釈その7が掲載されました。

2018.08.01

厚労省ホームページにて、2018年診療報酬改定 疑義解釈(その7)が掲載されております。

資料は下記リンクより閲覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000340857.pdf

 

2018年診療報酬改定 疑義解釈その6が掲載されました。

お知らせ2018.07.24

厚労省ホームページにて、2018年診療報酬改定 疑義解釈(その6)が掲載されております。

資料は下記リンクより閲覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000336099.pdf

 

 

2018年診療報酬改定 疑義解釈その5が掲載されております。 

お知らせ2018.07.12

厚労省ホームページにて、2018年診療報酬改定 疑義解釈その5が掲載されております。

資料は下記リンクより閲覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000332346.pdf

セミナー情報更新

お知らせ2018.07.10

セミナー情報を更新しております。

http://www.hmcg.co.jp/seminar

医療業界でも広告規制が厳格化されました

マンスリーコラム「経営に一言」2018.07.01

 盛夏の候、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 早速ではございますが、今回は広告規制の見直しについてお伝えします。従来、医療業界における広告は医療法に基づき制限されてきましたが、先月よりホームページ上でも医療機関の広告規制が厳格化されました。
 詳しく申し上げますと、今までホームページでの広告規制はルールが明確ではありませんでした。しかし、インターネット上でのトラブルを回避すべく、医療機関のウェブサイトでも他の広告媒体と同様に規制の対象となります。違反した場合は都道府県による行政指導や立ち入り禁止が行なわれるとのこと。違反となる表現は薬機法(旧薬事法)違反・虚偽広告・著しい誇大です。回復や治癒をイメージするような写真やイラストの取り扱いにも注意が必要です。今一度、自法人のホームページを確認し、違反となる表現等がないか見直しをお願いします。
 規制がある以上、広告を活用するのは難しいと感じる方も多いかもしれませんが、ホームページは自法人をアピールできる重要なツールです。ホームページへの掲載内容は自院の特徴によって分かれると思います。例えば、専門病院であればどのような治療方針なのか詳細を掲載する、内科系クリニックだと来院患者は近隣住民が大多数を占めるでしょうから、まずはどのようなクリニックなのか雰囲気や医師の顔写真を掲載するなど、少しでも院内の雰囲気が伝わるような工夫が必要です。ポイントは、どこにターゲットを絞りアピールすべきかだと思います。
 医療機関のホームページは不特定多数に向けて発信するのではなく、ある程度確認するターゲットが絞られると推察します。それは主に自院への来院を検討している方やその家族、もしくは転職を検討している方が考えられます。重要となるのは、自院が発信したい情報だけでなく、確認する相手にとってどのような情報が求められているかを考えることです。自己アピールばかりしても相手が必要としている情報が発信されてなければ意味がありません。相手の視点に立ち、情報発信することを忘れないようにして下さい。
 また、ホームページの確認はパソコンだけでなく、スマホで手軽に検索する方が大半を占めるでしょう。そこで、自院のホームページがスマホ対応となっているかも確認して下さい。更新が頻回ではない法人はおそらくスマホ対応ではないところもあるかと思います。早急に見直しをお願いします。
 人員不足や日頃の業務が多忙となっていることから、自院のホームページの更新を怠っている医療機関も見受けられますが、広告や広報こそ未来の患者や求職者確保の一手となります。ホームページは自ら発信して自院の特徴や良さをアピールできる貴重な場です。更新が滞ってしまうのなら、各部署持ち回りで対応することも検討して下さい。
 末筆となりましたが、梅雨明けの折、どうぞお身体ご自愛ください。

平成 30 年度介護報酬改定に関する Q&A(Vol.4)が掲載されました

お知らせ2018.06.01

5/29付けで平成30年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.4)が掲載されました。以下のURLよりご確認いただけます。

【全国老人保健施設協会ホームページURL】

http://www.roken.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/vol.657.pdf

疑義解釈(その4)が掲載されました。

お知らせ2018.06.01

厚労省のホームページに5/25付けで疑義解釈(その4)が掲載されました。以下のURLよりご確認いただけます。

【厚労省掲載ページURL】

http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=558623&name=file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000208562.pdf

認知症に関する話題について

マンスリーコラム「経営に一言」2018.06.01

 薄暑の候、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 早速ではございますが、先日ニュースで神戸大学が認知症予防事業に着手すると報道していました。詳細は神戸市や兵庫県内の医療・健康関連企業などと連携し、運動と脳の活性化を図る課題を組み合わせたプログラムを実施。認知症研究も進め、効果的な予防法の開発にも取り組むとの内容でした。現段階では認知症治療に効果的な薬は見つかっていませんが、運動や睡眠、食事、脳のトレーニングなどが予防に効果があるとして注目され、神戸市では長期的な実践研究に取り組むようです。この報道を受け、認知症に関する注目度が高まっていることを実感しました。
 他にも、日本記念日協会では今年度より6月14日を「認知症予防の日」として認定しました。これを記念し、各地で記念イベントや記念式典が開催される予定です。認知症に関する記念日が認定された背景には、認知症に対する取り組みを周知させたい意向が窺えます。
 厚生労働省が公表した「認知症施策推進総合戦略 新オレンジプラン」では、2025年には推計700万人が認知症と診断されることが予測されています。つまり、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症となる計算です。加えて、認知症の前段階とされる「軽度認知障害(MCI: mild cognitive impairment)」と診断されたケースも含めると、高齢者の約4人に1人が認知症あるいはその予備群ということになります。
 認知症への対応策として、ある地域では、徘徊対策ツールを検討しています。本人の身元が分かるようにシールやキーホルダーなどの見守りツールを作成し、認知症対象者の衣服等にシールを貼付しておくことで、行方不明となった場合の早期発見や身元不明対策につながります。
 診療・介護報酬改定上でも認知症への対応の強化が図られていることは言うまでもありません。診療報酬では前回の改定より認知症ケア加算が新設されましたが、今改定でも認知症サポート医とかかりつけ医の連携による認知症の療養指導への評価が新設されました。認知症を有しても地域で生活の継続ができるようにとの国の方針の表れです。記念日の認定はあくまでも周知させる取り組みの一環かもしれませんが、自法人内でのイベント等で活かす方法を考えることも必要ではないでしょうか。認知症高齢者への対応は多職種で関わるだけでなく、地域での支えが求められる日も遠くないように思います。
 末筆ではございますが、梅雨冷えの肌寒い日も続いております。どうかお健やかにお過ごしください。

セミナー情報アップしました

お知らせ2018.05.17

セミナー情報をアップしております。

「留意事項通知における別紙様式」が掲載されております。

お知らせ2018.05.15

情報会員各位

平素より大変お世話になっております。
近畿厚生局のホームページにて、「留意事項通知における別紙様式」が掲載されております。
書式は下記URLよりダウンロードできます。

https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iryo_shido/28kaitei-ryuuijikouyoushiki.html

何卒ご確認の程よろしくお願いいたします。

広報物をアップしています

お知らせ2018.05.10

情報会員様対象サイトでは、日々の業務に役立つ各種広報物を定期的にアップしております。

本日は、

通所介護と通所リハの違いについて

老健と特養の違いについて

療養担当規則より患者さまのご負担に関するお願い

オレンジドクターの紹介

医療処置に関する事前指示書

などをアップしております。

今月は、このほか、

セクハラ相談室を開設のお知らせ

セクハラ、マタハラなどの相談を受けたときに、上司が言ってはいけない言葉例

などの更新も予定しております。

 

時代の流れとともにコミュニケーションの取り方も変わってきました

マンスリーコラム「経営に一言」2018.05.01

 青葉の候、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 新年度が始まり、診療・介護報酬改定から早1ヵ月が経過しました。今回は同時改定ということもあり、届出変更や施設基準の見直しなどで、例年以上に医療・介護施設はご多忙を極めた1ヵ月だったかと思います。
 加えて、4月に新入職員を迎え新体制の元、新たなスタートを切ったところもあるでしょう。新卒職員は、まだ右も左も分からない状態で右往左往している姿が目に浮かびます。経験は年数を経ることで自ずと積まれていくものですが、新卒は人生で一度きりの経験です。その経験を自法人で積んでくれることに感謝し、将来を担う可能性を秘めている若手をどうか大切に育ててください。
 今月はゴールデンウイークもありますが、この時期課題となってくるのは、職員の定着です。連休明けは仕事に対する意欲や気持ちがいつも以上に緩みがちとなってしまいます。よって、注意力が散漫となり、ミスが起きやすくなる可能性も高くなります。気を引き締めるために厳しい口調になってしまうこともあるかもしれませんが、意欲が低下しているところに加え、注意されるような出来事が重なってしまった場合、離職への引き金となる懸念もあります。そこで注意して頂きたい点が「伝え方」です。注意される本人に非があったとしても、伝え方には注意が必要です。社会人として成長して欲しいために必要なことを助言・指導しても、捉え方によってはパワハラとの認識に変わってしまう恐れがあります。
 昔は職場で注意し、部下が精神的に落ち込んでいる姿を見た時、飲みに誘ってフォローしていた方もいらっしゃると思います。コミュニケーションを図るために、“飲みニケーション”と称した飲み会を開催し、職場以外で交流することで関係性を深める企業も多くありました。しかし、時代の風潮や流れとともに考え方も変わり、飲み会を開催したところでコミュニケーション力が高まるわけではないとの意見も出てきました。“飲みニケーション”=死語だと捉えている人も少なくないようです。従って、段々と昔よりコミュニケーションを取ること自体が難しくなってきているように感じます。そのため、日頃からの接し方がより重要となってきます。
 伝え方一つで相手の受け取り方は大きく変わります。自分にとっては何気ない一言が、相手にとって傷つける一言となりかねませんので、言動には十分注意しながら指導することが求められます。時代の移り変わりとともに、教育方法も見直しが必要です。一人でも多くの新卒者が長く自法人で勤務できるような環境作りを意識して下さい。
 末筆ではございますが、向暑の折、どうぞお健やかにお過ごしください。

12345...10... »