News新着情報

情報会員の皆さまへ

お知らせ2017.12.30

本年も1年間大変お世話になりました。
今年は、組織及び会社名の変更に伴い、私共の不手際等もあり、
情報会員の皆様にはご心配をおかけいたしましたこと深くお詫び申し上げます。
 
来年度は同時改定もあり、制度改革への対応へ奔走されることと思います。
情報会員の皆様にお役立ちできるような情報が提供できますよう
社員一同、懸命に努めさせていただく所存でございます。
(12月28日時点での診療報酬介護報酬改定内容をまとめた資料を配信しております。)
会員ページのログインはこちらから→http://www.hmcg.co.jp/news/514
 
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
どうぞ、良い新年をお迎えください。
 

医業経営コンサルタント/アシスタント募集

お知らせ2017.12.26

募集職種

・医業経営コンサルタント

・医業経営コンサルタントアシスタント

※コンサルタント未経験者は、最初は、コンサルタントアシスタント業務を担当していただきます。アシスタント経験を積み、単独で顧問先を持つことができればコンサルタント職となります。

応募資格

・大学・短大・専門学校 卒業以上

・パソコンスキル (ワード・エクセル・パワーポイント)

望ましい経験

・医療業界での実務経験を重視します。

※例えば、中規模以上の病院や介護施設、医療関連団体、医薬品メーカー又は卸、医療関連サービス企業、医療系のシンクタンクやコンサルティング会社などでの実務経験。

業務内容

医療機関及び介護施設の経営者のパートナーとして、経営課題の解決や職員の育成を支援していきます。また、各機関から依頼されるセミナーや研修の講師、雑誌の執筆等を行います。

●病院・医院及び医療関連組織、介護事業所・施設の経営診断

●医療機関・介護事業所等の経営指導業務

●診療報酬請求指導業務

●介護報酬請求指導業務

●広報戦略支援業務(パンフレット、ホームページ、CI計画の策定等)

●病院・医院、介護施設職員・社員教育研修(C&S研修)及び講師派遣

●雑誌等への執筆

●各種セミナー・研究会の企画及び講師派遣、実施など

給与

・年俸制

※医療・介護経営コンサルタント経験者は、経験・能力等を考慮し優遇

※試用期間有り

昇給

昇給年1回  ※年間の法人の業績や個人の業務実績により成果配分あり

諸手当

交通費全額支給、コンサル手当、家族手当、出張手当

福利厚生

健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険・退職金制度・社員研修・慶弔見舞金制度

勤務地

福岡市博多区

勤務時間

9:00~18:00 ※宿泊を伴う出張あり

休日・休暇

土・日・祝日(※繁忙期は振替出勤有り)年末年始・年次有給休暇、他

 

セミナー情報更新しました

お知らせ2017.12.26

セミナー情報更新しています。

平成 29 年 2月 3日の愛媛のセミナーは、お申込みが、平成30年1月26日(金)までとなっております。

詳しくは主催者様にご連絡ください。

【問合せ先】
愛媛県医療勤務環境改善支援センター 担当:吉良
松山市室町73-1 ハッピービルディング1階
TEL089-993-7831 FAX089-993-7832
ehime-kinmukaizen@jahmc.or.jp
【愛媛県医療勤務環境改善支援センター運営協議会】
愛媛県医師会、愛媛県看護協会、
愛媛県社会保険労務士会、
医業経営コンサルタント協会愛媛県支部、
愛媛労働局雇用環境・均等室、愛媛県保健福祉部
(受付13時30分~)

H30.2.3セミナー案内(案) (1)

診療報酬改定、介護報酬改定の資料

お知らせ2017.12.07

本日、診療報酬改定、介護報酬改定の資料を作成し、会員限定ページにアップしております。
情報会員の皆さま、ぜひ、アクセスしてください。
 

“セルフネグレクト”を未然に防ぐために

マンスリーコラム「経営に一言」2017.12.01

 大雪の候、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 今年も早いもので残りひと月を残すばかりとなりました。何となく気忙しくなるこの時期、残された日数を見て、やり残したことはないかソワソワするのは私だけではないはずです。皆様におかれましては、来年度に行われるダブル改定に関する情報収集に追われていることと存じます。
 さて、皆様は“セルフネグレクト”というワードをご存知でしょうか。近年、高齢者の孤独死が増加傾向にあります。これは高齢化社会から高齢社会→超高齢社会へと変わり、多死社会と言われるようになったことが背景として浮かんできます。その中の一つとして、最近問題視されているのがセルフネグレクトです。
 セルフネグレクトとは、自身放棄。つまり自分自身の世話を放棄し、身の回りの整理整頓などができなくなることを意味します。ひどい状態の場合、ゴミ屋敷となる原因にもつながります。他には、生活環境や栄養状態が悪化しているのに、助けを求めない状態を指します。一人暮らしの高齢者はセルフネグレクトとともにうつ病やひきこもりを併発し、誰にも気づかれないまま衰弱し死亡に至る傾向が高いようです。普段から周囲との関わりがあれば、孤独死に至る可能性も免れると思いますが、ひきこもりとなった場合、症状の変化に気付くこともできま せん。
 セルフネグレクトに陥るきっかけとしては、主に身近な人の死や自身の体調不良などが原因と言われており、年齢関係なく誰でもセルフネグレクトとなる可能性があります。以前セルフネグレクトについて、内閣府が全国の市町村に調査した結果、約11,000人が該当と推計されていましたが、未回答の市町村が約4割だったことから、実際はさらに多くのセルフネグレクトが潜在している可能性が高いと言えます。セルフネグレクトを防止するために、ある地域では、市の呼びかけにより、新聞配達などの複数の業種で住民の見守りを行なっています。新聞配達を契約している家では、郵便ポストに新聞が溜まっており、数日部屋の灯りも消えていれば、様子がおかしいなどの変化にも気付くことができます。そこで市に調査を依頼し、セルフネグレクトへの防止に取り組んでいます。
 今後は、超高齢化時代も重なり、ひきこもりを含めた通院困難者が増加すると言われている中、ますます在宅医療のニーズは高くなることが推察できます。外来通院患者減少分の補填策として、訪問診療に注力することを検討してみてはいかがでしょうか。
 最後に、本年も皆様のご愛顧に心より感謝申し上げます。ご多忙の折ではございますが、お身体にお気を付けて良き新年をお迎えください。来年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。