News新着情報

2018年同時改定最新情報(診療報酬)

お知らせ2018.01.11

プレゼンテーション72018年同時改定最新情報・診療報酬

 

<診療報酬>  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-chuo.html?tid=128154

 

平成30年1月10日 中央社会保険医療協議会 総会(第382回) 

・外来医療(その4)について

外来診療に係る評価を見直し

①大病院受診時定額負担を義務づける対象医療機関の拡大による機能分化を推進

②かかりつけ医機能の評価(再来患者の場合:重症化予防の取り組みの推進、訪問診療におけるオンラインを併用した診察、医薬品の適正使用等といった、効果的・効率的な医療体制の推進を評価)

③かかりつけ医機能の評価(初診患者の場合:まずはかかりつけ医が診療を行い、その後、専門医療機関へ紹介をより評価)

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000190472.pdf

・入院医療(その10)について

①重症度、医療・看護必要度の変更案について

「A得点1点以上かつB得点3点以上、かつ診療・療養上の指示が通じる又は危険行動」を追加すること、及び「開腹手術の所定日数を5日→4日へ変更」についてはほぼ確定だが、「救急搬送後の入院」について、定義を「A205 救急医療管理加算1」の算定対象に変更するかどうかをまだ検討中。

②入院料は3体系に統合・再編

名称は、急性期医療(一般7:1、10:1)は「急性期一般入院料(仮称)」、急性期医療から長期療養(一般13:1、15:1)は「地域一般入院料(仮称)」、長期療養(療養20:1、25:1)は「療養病棟入院料」に変更予定。

③急性期医療(一般7:1、10:1)は、看護必要度に応じて4区分から7区分へ見直し

区分1は現行7:1相当とし、区分2と区分3は7:1から移行した病棟のみの設定とし、その代わり診療実績データで看護必要度の該当患者割合の判定を行っていることを必須条件としている。また、区分7は現行10:1相当とし、区分4~6は10:1相当に看護必要度の実績による段階評価しており、区分4~6は、診療実績データと現行通りのどちらかで選択してよいこととなっている。

④診療実績データによる看護必要度割合の要件設定について

なお、現行通りの方法であれば、割合要件に対して1割以内の低下、かつ3カ月を超えない期間内の一時的な変動であれば、変更の届出を要しないと設定されているが、診療実績データを選択した場合は、3カ月の平均値での届出となるため、既述の設定はないこととなるような案となっている。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000190473.pdf

 

平成29年12月20日 中央社会保険医療協議会 総会(第380回) 

・平成30年度診療報酬改定の改定率等

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000188812.pdf

 

平成29年12月15日 中央社会保険医療協議会 総会(第379回) 

・個別事項(その7)

医療機関と薬局の情報共有・連携

外来における相談・連携

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000188266.pdf

 

・個別事項(その8)

治療と仕事の両立支援

保険医療機関に所属しない病理医との連携による病理診断

麻酔の技術評価の在り方

スティーヴンス・ジョンソン症候群等の眼後遺症に対する治療

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000188159.pdf

 

平成29年12月13日 中央社会保険医療協議会 総会(第378回)

・「平成30年度診療報酬改定の基本方針」について

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187740.pdf

(詳細)

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187741.pdf

 

・個別事項(その7)について

医療従事者の多様な働き方

公認心理師

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187801.pdf

 

平成29年12月8日 中央社会保険医療協議会 総会(第377回)

・横断的事項(その5)について

 医療と介護の連携

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187555.pdf

 

・横断的事項(その6)について

 診療報酬に係る事務の効率化・合理化及び診療報酬の情報の利活用等を見据えた対応について

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187556.pdf

 

・入院医療(その9)について

 療養病棟入院基本料

1.療養病棟入院基本料の評価体系

1-1.医療区分

1-2.在宅復帰機能強化加算

 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187300.pdf

 

・調剤報酬(その2)について

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187303.pdf

 

・個別事項(その7)について

1.腎代替療法

2.遠隔病理診断

3.小児への対応

4.医療機関と薬局の情報共有・連携

5.医療従事者の多様な働き方

6.公認心理師

7.外来における相談・連携

8.明細書の無料発行

9.歯科の特定薬剤等の算定方法

10.新医薬品の処方日数制限の取り扱い

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187304.pdf

 

平成29年12月6日 中央社会保険医療協議会 総会(第376回)

・個別事項(その8)について

1.入院医療の評価体系

2.救急医療(その2)

3.短期滞在手術等基本料

4.入退院支援

5.データ提出加算

6.入院患者に対する褥瘡対策

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187304.pdf

 

平成29年12月1日 中央社会保険医療協議会 総会(第375回)

・横断的事項(その5)について

1.地域包括診療料等

2.薬剤の適正使用の推進

3.遠隔診療(情報通信機器を用いた診療)

4.情報通信技術(ICT)を活用した連携

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000188847.pdf

 

平成29年11月29日 中央社会保険医療協議会 総会(第374回)

・個別事項(その6:技術的事項)

1.検査

2.移植医療

3.性別適合手術

4.安定冠動脈疾患に対するPCI

5.放射線治療

6.皮膚科治療

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000186242.pdf

 

平成29年11月24日 中央社会保険医療協議会 総会(第373回)

・入院医療(その7)

1.一般病棟入院基本料

2.特定集中治療室管理料等

3.地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料

4.医療機関間の連携に関する評価

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000185955.pdf

 

平成29年11月17日 中央社会保険医療協議会 総会(第371回)

・入院医療(その6 -療養病棟、有床診療所等-)

1.療養病棟入院基本料

2.有床診療所入院基本料

3.障害者施設等入院基本料等

4.入院時食事療養費等

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187560.pdf

 

平成29年11月15日 中央社会保険医療協議会 総会(第370回)

・在宅医療(その4)

1.訪問看護の提供体制(総論)

2.利用者の様々な状況に対応する訪問看護

-訪問看護の提供体制

-利用者のニーズへの対応

3.病院併設の訪問看護ステーション

4.関係機関との連携

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000186845.pdf

 

平成29年11月10日 中央社会保険医療協議会 総会(第369回)

・在宅医療(その3)

1 医療と介護の連携

2 在宅医療

3 在宅歯科医療

4 在宅薬剤管理

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000184390.pdf

 

平成29年11月8日 中央社会保険医療協議会 総会(第368回)

・横断的事項(その4)

-医療従事者の働き方、病床数の取扱い、地域の実情を踏まえた対応-

1.医療従事者の多様な働き方支援・負担軽減

2.診療報酬における病床数の取扱い

3.地域の実情を踏まえた対応

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000183841.pdf

 

平成29年11月1日 中央社会保険医療協議会 総会(第367回)

・外来医療(その3)

1.生活習慣病の重症化予防

2.遠隔診療(情報通信機器を用いた診療)

3.後発医薬品の使用促進

4.多剤・重複投薬等の適正化

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000183042.pdf

 

平成29年10月25日 中央社会保険医療協議会 総会(第365回)

・個別事項(その5 リハビリテーション)

1 回復期リハビリテーション病棟入院料(その2)

2 疾患別リハビリテーション(その2)

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000182077.pdf

 

平成29年10月18日 中央社会保険医療協議会 総会(第364回)

・個別事項(その4 精神医療)

1 措置入院に係る医療

2 精神保健指定医の取扱い

3 長期入院患者の地域移行に向けた取組

4 急性期医療を担う病棟の状況

5 多様な精神疾患に対する医療

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000180987.pdf

 

平成29年10月11日 中央社会保険医療協議会 総会(第363回)

・個別事項(その3 救急・小児・周産期)

1.救急医療

  1. 救急医療の提供体制

2.小児・周産期医療

  1. 小児慢性特定疾病の患者の入院医療
  2. 妊産婦の外来管理

3.医療安全対策

  1. 医療安全部門への医師等の配置

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000180265.pdf

 

平成29年9月27日 中央社会保険医療協議会 総会(第361回)

・横断的事項(その3 診療報酬に係る事務の効率化・合理化及び診療報酬の情報の利活用等を

見据えた対応)

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000178827.pdf

 

平成29年9月13日 中央社会保険医療協議会 総会(第360回)

・個別事項(その1 疾患別リハビリテーション)

1.維持期・生活期のリハビリテーションについて

2.リハビリテーションに係る情報共有について

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000177426.pdf

 

平成29年7月26日 中央社会保険医療協議会 総会(第357回)

・入院医療(その5)

1.認知症治療病棟入院料

2.老人性認知症疾患療養病棟に関する検討状況

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000172541.pdf